どんな部屋でもおしゃれになるアイテムを飾ろう

多数製作されている生活に必要なガラス

特性を活かす

芸術分野において様々な形があります

ガラスとは窓などに使われる素材です。 アートとは文字通り芸術を意味します。 そしてこの2つの言葉を合わせたガラスアートとは、それを用いたアートと、シンプルな意味合いの分野となります。 その種類は多種多様です。 ガラス彫刻やステンドグラスや灯篭ガラス彫刻、ガラスとは急激な熱の変化に弱い為、形の造形に変化を取り入れ易く、それだけ多くのアートの形を成していく事が可能な特徴があります。 ガラス彫刻とは、この急激な熱の変化を用いて工房工具を用いて様々な形に練成し、そして透明な窓なだけの素材だと思われていたガラスを、例えれば動物の犬や猫みたいな形ににした置物などに変えていく事も可能となります。 灯篭ガラス彫刻は、コレを応用した耐熱処理加工を施す事で、豆電球の明かりを覆う様な形で使用するデザイニング家具の1つでもあります。

ステンドグラスの歴史はとても古いです

では、ステンドグラスはどうなのかと言うと、ステンドグラスとはローマ帝国の時代の辺りまで遡り、古代でも400年代以前に存在していたとも言われています。 そしてその時代から、その文化圏にてステンドグラスという芸術分野は発展していき、中世の時代などではキリスト教などの宗教関係の教会などでも用いられる様になっていきました。 ガラス彫刻などの歴史は、採掘物の鑑定が難しくどれ程の古い時代から存在していたかという事は定かではありませんが、ステンドグラスは大神殿や宮殿と呼ばれる様な世界各国の観光名所となっている様な土地にも散見されるようにその歴史の深さを物語っています。 一口にアートと言っても、その1つの素材で形成される形は多種多様なのがこの分野となります。